黒い砂漠 本当はキャラクリに悩んでいた

こんにちは。

ついに「水晶納言」というキャラが誕生しました。

黒い砂漠の新クラス、ラン(LN)で作ったキャラです。

ツイッターで散々「うちの子可愛い!」と騒いでいるのでおなじみになっちゃった感ありますがw

先行キャラメイクの時と違い、髪型がショートカットになってしまいました。

本当は、こうなるつもりはなかったんです。

このほうが、巫女のランらしいとは思うんです。今でも。

しかし・・・

ツイッターでの黒い砂漠キャラクリ勢と呼ばれる方々のツイートを見ていると、そのこだわりのすごさに圧倒されてしまったのです。

いかに個性を出すか、作り手の個性を出すか。

その中で、一番グサッときた言葉は「量産系キャラにしたくない」

あ、私のってもしかして量産系?

ただ誰が見ても可愛いだけの個性のないキャラ?

そんな思いが湧いてきて、だんだん悲しくなってきました。

らしさって何だろう?

私はそんなにキャラクリに統一性は持たせていない。あえて持たせていない。

ただ、これが可愛い、綺麗、かっこいい、そう感じたのを自分なりに作ってます。

多分、全キャラ並べても、私の個性ってのは出てないでしょう。

個性のないのが個性と言ってもいいのでしょうが、やっぱ高評価されてる人のは、誰が見てもその人が作ったとわかるだけの個性、世界観のあるキャラだったりします。

評価が欲しいの?

うーん・・・・・・

もし、私が一言でもそういうモヤモヤしていた想いをツイッターで吐き出していたならば、

誰かが「そんなことないよ、素敵だよ?」と褒めてくれる人がいたかもしれない。

でも、そういうこともあまり好きではないんですよねえ。

また、そういうツイートは自分に自信が無ければできない。

必ず「そんなことないよ」とレスしてくれる人がいるという確信がないと。

うん、まあ所詮自己満足ですよ、私の場合w

自分さえ満足してキャラを愛でればいいわけです。

そんな思いの中、少しでも他のランとの違いを出すために、長い髪をバッサリ切らせました。

ストーリー的にも「悲しい過去との決別」とか「追手の目を欺くために髪を切った」とか意味づけできるわけです。

奇しくも、ランの覚醒ストーリーは壮絶であり、悲劇的な結末を迎えました。

なので更に「髪を切っている」ことが自分なりに強いこだわりとしてキャラに表れてくれたなと思いました。

ランの覚醒アバターセットも購入してるので、ロングヘアにも出来るんですが、滅多にしてないですw

そして、もう一つ。

私のランの目は、他のキャラと比べると、一番目の部分に時間をかけて作りました。

何か奥深いものを表現してみたかった、というのでしょうか。でも下手ですからあまり気には止められないですねw

正直な気持ち、すごいキャラクリ職人さんは確かにすごいです。

でも、たまには自キャラに夢中になるだけでなく、素人の作ったキャラもよく見ていただけたら嬉しいな~と思うのです。

楽しいことすべてが楽しいわけではなく、その中には苦悩も含まれているのですから。

その苦痛が浮き上がってこないようにするのも大切だと思います。

というわけで、言いたいことは書けたかなと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
アドセンス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アドセンス
スポンサーリンク