BLESS ハンスの物語(ネタバレあり)

本日の記事はBLESSのストーリーシナリオ上、多大なるネタバレを含めます。

ネタバレしたくない方は読まれないことを推奨いたします。

さて、私の現在のメインキャラ・レティスが密かに恋心を抱く設定であるハンスw

公式でも紹介されているように、「ハビヒッツの皇太子の使者」であります。

ハイロン側では一番の重要人物として描かれています。

皇太子ヴィクトル・ハビヒッツの父である先帝は、晩秋戦争(ユニオンとの戦争)で戦死しています。

そのときに皇太子も行方不明となり、その混乱の間にハルトマン・アードラーによって帝位を奪われてしまい、帝国は非常に荒廃した時代を迎えています。

そんな中で現われたのがアナタバリンと呼ばれるものでした。

アナタバリン=主人公であるプレイヤーキャラがマティアスというハビヒッツ帝国の将軍に導かれ、神聖ハイロンの帝位をめぐる闘争に巻き込まれていく中で出会うのがハンスです。

イケメンです。

声は木村良平さんです。

最初のうちは「頼りなさそうなやつ」とか言われていい印象は持てなかったのですが、一緒に行動するうちに、だんだん「デレ」な部分を見せてくれます。

皇太子と懇意にしていたマルタ領の領主、グンター・マルタを訪ね、グンターが陰謀により捕らえられているのを助けに行くシーンや、グリフォン族の協力を得るために主人公と一緒にグリフォン賢者の試練(難しくないですw)を受けに行くシーンなどが結構見せ場です。

このマルタ領、兄弟の醜い争いから弟が領主の座を乗っ取ろうと企んで、兄のグンターが囚われてたのですが、そこをハンスが救い、無事にグンターが領主の座に戻ります。

しかし、マルタ領はオークの襲撃に遭い、全面戦争へと発展して行ったのでした・・・

(余談ですが、兄のグンターはイケメン。しかし弟は・・・非常に分かりやすいw)

オークとの戦争を勝つため、グンターはハンスと主人公に助けを求めます。

ハンスはグリフォン族の協力を得るため、グリフォン族の村へ向かいます。

そして、グリフォン族の試練を受けることになるのです。

試練を乗り越え、賢者に会います。

グリフォン賢者に「マルタ民でなく、私を信じて欲しい!」と熱く説得し、賢者に「鷹の目を持つ若者」と言われるシーンなどは、主人公の中の人である私も徐々に胸熱となっていたものでした。

イケメンなのです・・・性格もw

で、グリフォン族の協力を得ると言う約束を取り付け、グンター・マルタの元へ戻ります。

そこは、既にオークとの戦争が始まっており・・・マルタ側は非常に不利な状況になっておりました。

負けを覚悟したグンターは、ハンスと主人公に逃げるように言います。冬鷹の錫を託して。

主人公からグンターの意志を伝えられたハンスは激昂します。

「逃げろと言うのか?これ以上自分を偽って生き続けるなら、ここで死んだ方がマシだ!」

「ハンス!?」

さあ、ハンス最大の見せ場です。

立ち上がれ!戦士たちよ!

「私の名はヴィクトル・ハビヒッツ!」

「冬鷹の末裔が共にある!」

「戦うのだ!」

なんとなーく予想はしてましたが・・・ハンス自身が皇太子であったと言うことです。

ここで何人の乙女達が目をハートにしたのでしょうかw

私もCBT1のときにすっかり心を奪われた1人ですがw

間違いなくハンスは、いえヴィクトルは王道を行くイケメンヒーローであります。

オークのボスの止めを刺しにいけ、と皇太子は主人公に言います。

美味しい手柄を立てるのは主人公の仕事なのですねw

グンターと共にしっかりボスの首いただきました。

この辺はクマの毛布さんのブログで非常に楽しく書いてくださってます。

そして「殿下」と呼ぶようになるのですが、今までどおり友でいて欲しいと皇太子は言います。

じゃあヴィクトルと呼びたいところですが、ずっと「殿下」と呼び続ける主人公・・・

「帝位を奪われた皇太子の友となるんだ。退屈はしないはず」

とか言われて、この先は友と言うよりパシリのような気もするんですがw

惚れた弱みということで、許せますw

その後は別行動となり、いろいろお仕事をこなしながら、またヴィクトルと再会。

まだ正体を明かしていなかったカルタ大学でもしっかりと自分が皇太子であると敵前で告白するヴィクトル殿下。

また一緒に旅が出来るのかなあと思ったら、またお別れ;;

次に再会したときは敵を説得するために拘束されていたりと、どこかのもしもし女とは違い、よく働くお方でございます。

で、主人公ももちろんお使いさせられるわけですが、「おかえり!」と言ってもらえたり、人を遣うのがホントに上手い・・・

「丁度君の事を思い出していたんだ。ハンスと言う名で共に旅をしていたころが懐かしくてね」

なんて言われたら、もうね・・・このまま一緒に旅に出たくなりますよ・・・

残念ながら、そうはいかなかったのですが;;

デレの使いどころが絶妙すぎて、うるうるしちゃうんですw

まあ、落ち着こう・・・

再会、お別れを繰り返し、多分今の段階でこなせるメインストーリーでは彼と再会することはないような気がします。

「生きて必ず会おう!」と言われてお別れし、今はレベル44に届きそうなところ。

メインクエストも残るところわずからしいので、彼と再会するのは次のアプデでしょうか?

(レベルキャップ解放&メインクエスト更新があればの話)

個人的感想を言えば、前半それもレベル20くらいのところまでであれだけ重要人物として絡んだ人物が、後半では絡みが少なくなることに不満を感じてはおります。

ハイロンのストーリーは、帝位を奪われた皇太子が帝位を取り戻す王道ストーリーなのですから。

それでもいろんな人物やら、複雑な背景などが絡み、それぞれに正義があり、真の正義とは何か?というものが浮かび上がってきます。

正直、あくまで個人的感想として、広くいろんなものを絡めたせいで、ちょっと内容が薄くなりつつあるのも否めないなと思うのですが・・・これは私がヴィクトル贔屓なせいもあるのでしょうw

このまま、どのように展開され、収束されるのか、見守って行きたいと思います。

とまあ、なかなかまとめるのが難しいのですが・・・

またプレイしていきながら、記事の修正も加えていく予定です。

次回はマティアスについて書く予定です。

ではでは、お読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
アドセンス
スポンサーリンク