MMORPGであった、面白チャットの思い出

BLESSが王道MMORPGと呼ばれ、古い、目新しさはない、とか言われていることから、ふと思ったことをつぶやいたのですが、そこから昔、野良PTで経験した面白い会話などを思い出してしまいました。

それを今日はだらだらと書いてみることにします。

リネージュ2編

レベル90のIDにて

いつも同じタンクさんが誘ってくれて、タンク&ヒラ以外のメンバーをいつも野良募集かけてもらってました。

途中、メンバーが電話で離席するときに間を埋める感じでマクロを流してくれました。

「もしもし、御宅の息子は預かった」(誘拐編)

「母さん、俺だよ、オレオレ」(オレオレ詐欺編)

いくつかパターンがありましたw

待ってる間も退屈せずに笑わせてもらってました。

昔は電話離席はよくあったのですが、今ではなかなかやりにくくなってますね。

狩場で

夕飯時刻が近づいてきたとき、

「ごめん、ちょっと早いけど夕飯買いに行きたいから抜けていい?冷蔵庫に納豆しかないんだ・・・」

「納豆ご飯でいいじゃないw」

「納豆食ってりゃ死なないってw」

散々からかったのですが、結局皆大笑いした後、解散しましたw

殺伐としたゲームでしたが、結構まったり楽しんでましたね~

AION編

ノフサナ訓練所にて

私、サブキャラでスピリットウィング(召喚)

メンバーの1人「すみません、猫にご飯あげて来ていいですか?」

他の人「猫大事!早くご飯あげて来て!ついでに砂も見てあげて!」

そして、猫のご飯が終わり、ラスボスまで順調に進む。

リーダー「さあ、いよいよラスト」

猫の人「あー!猫が!猫が!膝に乗ってきて><」

他メンバー「気にせず抱っこしてあげて!」

猫の人「は、はい、何とか体制立て直しました。なんとかやってみます」

順調にラスボスのHPは削れ、あとちょいというところで

猫の人「ぎゃー!猫~!よだれたらすな~!」

私、もう腹筋が崩壊してました。

無事クリアしましたよw

あの猫の人、元気かなあw

炎の神殿前にて

私、PKされる。

PTリーダー「魔族いましたか!?」

私「はい、今全体チャットとレギチャで呼びかけました」

メンバーたち「助けに行きますね!」

私「リザもらえたので大丈夫です。お待たせして申し訳ないです」

メンバーたち「気にしないで~。迎えにいきますね~」

ID行く途中でPKされることも多かったので、こういう会話は多かったです。

このときも野良で初対面の人ばかりだったのですが、IDでも楽しく進行できましたし、途中でレギメンから私をPKした魔族をやっつけたという報告が入ったことを伝えると、皆で喜んでくれました。

要塞IDにて

メインのソードウィングで参加。メインタンクにシールドウィングいました。

PT募集主はチャントウィング。全員野良、初対面。

順調に進んでいった途中。

募集主「ソードさん」

私「は、はい!?(何かまずい動きしてたかな?)」

募集主「・・・巨乳ですね!」

私「@@;」

他メンバー「ホントだ、巨乳だ~美人ソードさんだ!」

一気に緊張がほぐれましたw

当時のメインキャラ、これ。

その後、その募集主さんとはすれ違うこともあり、辻バフもらったりしました。

面白い人だったので、その人の募集を見つけたら入るようになって、仲良くなってフレンド登録しました。

要塞IDでのメインタンクも出来るように鍛えられましたし、引退するまで良きゲームパートナー的な関係でした。

印象に残ってるのって、こんな感じでしょうか~。

ああ、TERAではソーサラーでID行くと、メンバーから「けしからん」を連発されたりw

装備がかなりエロかったですからね・・・

とにかく、どのゲームでも、よろ・あり・おつ 以外の会話はあったのでした。

アーキエイジでも、集団貿易したり、デイリーMOB討伐前に太鼓叩いて集団でダンス踊ったり。

イベントでもないのに、そういうことが自然に発生してってのがよくありました。

またああいう楽しい時間を過ごせることがくるのでしょうか?

ふと、昔のことを思いだし、感傷的になってしまいました。

さて、25日はBLESSの生放送もあります。

お知らせもいくつかあるようですので、楽しみですね。

私はPCがまだ新調できないので、CBTでもOBTでも参加が微妙なところではありますが・・・

ギルド計画を白紙に戻したので、新たに準備だけでも動き始めたいと思います。

ではでは、今日も拙い記事を読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
アドセンス
スポンサーリンク