深呼吸しましょ

最近お疲れ気味の水晶納言です。

完全出来高制の仕事をしているので、出来るだけ休憩を取らずにひたすら数を上げているのが原因でしょうかね。

余裕があれば、というか余裕を作らないとと思うのです。

かるく伸びをしてストレッチとか、深呼吸とか。

そういう数秒間も無視してしまっている、そうなるとストレスもたまるし精神的にもよくないです。

夜、隣に寝に来る愛猫をもふもふして、喉をゴロゴロ鳴らすのを聴いているとそのまま眠りに落ちるからいいのですけどね^^;

逆にバタンキューっていうのもよくないという説が・・・

私の場合は、寝る!と意識したら寝ます。

ここ数年ほどは、眠れなくなるということがあまりないです。

そして、寝落ちという経験がない・・・

完全に寝る体制にならないと、眠れない・・・

乗り物の中で座ったまま寝た経験もないです(夜行バスとかは寝てたかな?)

徹夜明けの新幹線でも寝なかったですね。寝過ごしたらやばいという意識が強いからか。

過酷な睡眠環境にいないのが原因だと揶揄されたこともありますけどもw

そうそう、ヨガも習っていたことがありまして、

最後に「死体のポーズ(シャバアサナ)」っていうのをやるんですが、それをやるとほとんどの人が寝てしまうんです。

教室内にイビキが響き渡るほどでしたが、私は眠らず、全身の力が抜けていく気持ちよさを楽しみ、ひたすら腹式呼吸をしてました。

リラックスできていないとか、心が穢れているとか(スピリチュアルかぶれの先生だったので)まあいろいろ言われましたが、私はただ寝落ちしたくなかったのと、体の中に染み渡る血流の感覚とかを感じていたかっただけなのです。

眠りに落ちていなくても、立ち上がったときは体も心もすっきりしていました。

だから、これだけでも、リラックス効果も疲労回復効果もあったのだと信じています。

禅とか修験とかの経験者の方のほうが、そういうことを理解してくれていたように思います。

スピリチュアル思考とかではなく、医学的なアプローチで見ても、寝てしまわなくても疲労回復効果はあるとのことでした。

深く呼吸をすることにより、酸素が行き渡り、血流がよくなるのだとか?

専門家でないので詳しくはわかりませんがw

気孔とかもそれに関連してるんだと思います。

疲れすぎてると、心も体も緊張状態になりますし、かえって眠れなくなることがあります。

そういうときは無理に眠ろうとせず、深呼吸とリラックス。

ほんの一瞬でも思考を止めて、頭の中真っ白にしてみるといいですね。

私もそれを心がけていく所存です。

ヨガの死体のポーズ(シャバアサナ)は15分で4時間の睡眠に匹敵するほど疲労回復効果があるとのこと。

箕川Pへのツイート返信で書いたので、少しだけ掘り下げてここに書きました。

さて、私も深呼吸して落ち着かないと・・・



スポンサーリンク
アドセンス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アドセンス
スポンサーリンク