NHKの受信料、きちんと払ってますか?

タイトルですが(笑)

うちはきちんと払ってます!!!

銀行引き落としになってるので、毎月きっちり支払われてるし、集金に来られることもありません。

さて、今日の記事はそのNHK様絡みでちょっと困った出来事があったので書かせていただきます。

その日、私は娘と2人で家にいて、夫は不在でした。

ピンポーンと鳴ったので玄関へ。「NHKです。確認したいことがありまして」

怪しいなと思いつつ応対。きちんと名札も掲示されたし、NHKの人であるのは間違いない。

話を聞いてみると、

うちの家族が住んでいる賃貸マンションは、BS衛星放送の共同アンテナが屋上に設置されており、NHKのBS放送が受信されている状態なので、地上派だけでなくBS受信料も払ってくれということ

それね・・・前にもそう言って訪問されたんだけども、うちは衛星放送が映らないのです。

ベランダにはCSアンテナついてるからCSは見れるけど、NHKは関係ないし。

そのときは部屋の中まで入ってもらってテレビをつけて「衛星放送は映らない」ことを証明して、「映らないものに受信料は払えません」と言って納得させて帰ってもらったのです。

そのことを伝えたのですが、「それは多分やり方が間違ってたからなんです」

とパンフレットを渡されて、

「この方法なら映るんです。だからこのマンションの住人さんには全員受信料を払っていただかないと困るんです」

「マンションの屋上に共同アンテナが設置してあるのですよ?映らないわけがないじゃないですか。ちゃんとやり方も説明しますので、受信料の契約をお願いします」

私「それ、強制なんですか?」

「はい、申し訳ないですが・・・」

言いくるめられたように契約書に記入して、サイン。

正直言うと、うちの家族はNHKの番組はよく観るし、BS放送も観れるなら観たかったのだ・・・ただ、映らないから仕方ないと諦めてただけで、映るのならば、きちんと受信料払って視聴するつもりなのです。

だから、私はNHKの人の言うことに了承したわけです。

しかし、どうも不安が残る。念のため、もう一度私はその人に

「本当に衛星放送が映るんですよね?視聴できるようになるんですよね?」

「やり方をもう一度きちんと説明していただけますか?それか貴方で出来るならば、今から即BS放送を視聴できるようにしていただけませんかね?」

と、言葉で迫って言った。

「それと、貴方の名刺を下さい。もし、視聴できなければ連絡させていただきたいので」

名刺をしっかりいただく。

NHKの人は

「じゃあ、失礼して御宅のテレビでBSが観れるようにセッティングさせていただきます」

テレビのある部屋へ案内する。

いろいろいじってくれてたけど、やはりBS放送は映らない。

原因は不明。

NHKさんの表情が曇る。

「あの・・・映らないもの、視聴できないものにも受信料払わんとあきませんの?」

私はそっと言葉を投げかけた。

「観れへんっていうのでもがっくり来てるのに、観れへんもんにお金払わなあかんて、それはないわあ」

NHKの人は「すみません!!!」と頭を下げて謝罪。

「ほな、契約書、この場で破棄してくれる?このままじゃ私ら騙されたみたいなもんやし」

「ですよねっ、この契約はもちろんなしです。はいっ、契約書×しました。お返ししますっ」

ここはやはりNHK様、ホンモノでした。

映らないもの、視聴できないものに対して受信料を取ろうとはしません。

きちんと謝罪もされています。契約書も×したものを全部(複写した部分も)返還してもらいました。

「映らない原因がきちんとわかって映るようになったら受信料払いますから。うちも受信料払いたくないからって嘘ついてたわけじゃないというのをご理解いただけたと思います。どうか今日のところはお引き取りください。共同アンテナ云々の問題もうちには関与できないことですので、そこはそちらできちんと解決してくださいね」

NHK様はぺこぺこと頭を下げて、何度も謝罪の言葉を述べながら帰っていかれました。

まあ、でも何と言うか・・・最初はビックリしたけど、NHK様はきちんと納得してくれたので、良心的だと思いました。

×のついた契約書と名刺は、旦那がゴミ箱にポイッとしましたが、また今後同じような訪問があったときのために、拾い上げて保管してあります。

こういうこともあるので、皆様、お気をつけてくださいというお話でした。

この経験談が少しでもお役に立てば嬉しいです。

NHK様の受信料、視聴できているならば、きちんと払いましょうね^^

スポンサーリンク
アドセンス
スポンサーリンク