MMORPG つなぐ、繋ぐ、継ぐ

こんばんは。

仕事帰りにトンボが飛んでいました。ハッとしてよく見ると、赤とんぼでした。

秋は近づいているんだなあとしみじみ感じたレティス(ゲーム名)こと水晶納言です。

さて、MMORPGの思い出話のネタです。

今回は良い話です。

まずAIONを始めたときのこと

まだポエタでうろうろしていたときのこと。

やっとゲームに誘ってくれた友人に会うことが出来、レギオンに勧誘されたとき、1本の剣を渡されました。

友「しばらくはそれで十分戦えるでしょう」

私「これ、私がいらなくなったらどうしたらいいの?」

友「俺が今したように、次の新しいメンバーに渡してやってくれ」

そうやって受け継いでいくようにしてるんだ、と友人は言いました。

結局、私が一番レベリングが遅かったので、その剣を次の人に渡すことなく、レギオン倉庫に入ったままなんですけどね・・・

でも、レギオン倉庫を開けて、その剣を見るたび、スタートしたときのことを思い出しました。

今もまだ残っているのかなあ。

リネージュ2で出会った英雄さんの言葉

そして、リネ2。

キャンペーンを行っていたサーバーへ新しくキャラを作って遊んでいたことがあります。

和気藹々とした、非常に平和なサーバー。

血盟も入れてもらい、順調にレベリングをし、覚醒まで行けた時のこと。

レイドPTの主催をされていて、良く一緒になったキャラの人から装備を渡されました。

その人は「英雄」なんですが、非常に気さくで、初心者の支援もしてるとか。

キャラも武士っぽくてすごくかっこいいヒューマンでした。

でも、さすがに装備をもらうのは、気が引けました。

丁重に断ると、

「遠慮しなくていいよ。ただ人助けしたいだけなんだから、俺は」

まあ、助かるし・・・もらっておいていいか・・・

「ありがとうございます。このご恩は必ず返します」

と私は御礼を言いました。

すると、英雄さんは

「恩返しする相手は俺じゃない。

俺が君にしたのと同じように、次のプレイヤーを助けることで返してくれ。

恩ってのはそうやって繋げていくもんだ」

何か、目から鱗でした。

上手く言えないけど、そうやって人の優しさを受け継いでいけたら嬉しいな。

親切にされたり、助けられたりしたことを、次は自分がしてあげられるようになれば・・・

これこそ、MMORPGの良さであり、またこれを現実世界でも実践できれば、と。

いろんなことがありすぎて、こういう思い出が埋もれてしまっていたことが、少し悲しく思えましたが、また改めて思い出したことで、一歩踏み出せればいいなと。

また、いつかどこかで、いろんなところで受けた恩を返していける自分でありたいです。

上手く言葉で書き綴れませんが、伝わるものがあれば嬉しいです。

スポンサーリンク
アドセンス
スポンサーリンク