私が後衛職を好きな訳

以前、何故タンクをやりたがらないかを書きました。

ツイッターで「MMORPGで出会った困ったチャン」を記事にすると宣言しましたが、 その前に自身の話も書くことにしました。 ...

時間が経ってから読み返すと、客観的な視点で見れるので、自分が恥ずかしくなります。

それはさておき、今回は好きなほうの話です。

初MMORPGだったAIONでソードウィングがメインでしたが、そのときのレギオンマスターがスペルウィング(魔法職)でした。

よく決闘を申し込まれ、コテンパンにされていたわけですが(苦笑)

眠らされたり、木にされたり、撹乱されて苦しめられました。

その後もPTで強い魔法職の人に出会ったりしたので、まあ言えば憧れの職って感じでした。

後ろを守ってもらえる安心感と言うか、もちろん、自分も後ろにタゲが飛ばないように必死でしたが^^;

で、AION以降に遊んだMMORPGは、魔法職がメインのが多くなりました。

リネージュ2で初めてヒーラーメインになり、マスターやフレンドのスパルタで鍛えられ(笑)

ああ、ヒーラーって大切な人を守れるんだ!と妙な充実感と自信をつけたのを覚えています。

FF14でも最初、メインは黒魔道士だったのですが、このときは私が誘ってから始めたマスターが私を見て開口一番

「何故、白魔道士じゃないんだ?」

その一言で、白魔道士に転身です・・・

私がヒーラーやるのは向いているか向いていないか、っていうのは人によってかなりはっきり意見が分かれてます。

自分としてもわかりません。

しかし、タンクよりはマシだと思ってます・・・

ヒーラーでも攻撃するほうの魔法職でも、どちらにせよ、仲間の背中を支えてるほうが好きです。

前に出るよりも、サポートするのが好きなのです。

好きな理由は、ただそれだけです(笑)

薄い記事ですみません^^;

今夜は台風直撃する地域の皆様、どうかお気をつけください。

では、おやすみなさいませ。

スポンサーリンク
アドセンス
スポンサーリンク