BLESS 生放送が決定したようです。

やっとBLESS公式が動き始めました。

CBT1が終って2ヶ月、長すぎました・・・

実は、先日私がブチ切れ寸前になったのはこのツイートでした。

文字数制限かかって文章が切れた後、その続きを見れることはありませんでした。

早い話が、わざと文字制限で切れるようにツイートし、皆をやきもきさせる作戦だったのでしょう。

人の気を引くのには効果的ですが、こういうのを何度もされると、人は離れます。

こういう駆け引きっぽいことは、高校生の恋愛くらいで止めておいて下さい(笑)

プロデューサーとプレイヤーがSNSで交流するのは珍しいことですし、

私も初めてだったので、好感もありました。

しかしながら、それは諸刃の剣ともなり得るもので、過度の馴れ合いになってしまうのは上手いとは言えません。

一生懸命、尽力されていることは認めています。

でも、個人的意見としては、プレイヤー全員を満足させる完璧なものは望んではいません。

たった1週間のテストで、参加者何人でしたっけ?

それだけで、完璧なものが作れるとは思っていません。

どんなゲームでも、あのFF14でさえも、パッチ後の要望によって仕様変更などもしてます。

改善は、サービス開始からでも遅くはないのでは?というのが個人的な考えです。

とりあえずは皆、あの世界に入りたいだけなのです。

何度CBTがあってもいいです。

私の想いは、このツイートの頃から変わっていませんよ。

今ひとつ、厳しいことを言わせていただければ、

時間をかけることは誰にでも出来ることなんです。

厳しい状況に追い込まれたほうが燃えると言うならば、

あえて、きちんと目標を立てて、期日も決めて、それに向かっていい仕事するのがプロではないのでしょうか?

ぐだぐだダラダラは誰にでも出来ます。(何度でも言いますよ)

そして、私はこんなツイートを流しました↑

#BLESS_jpでツイッター検索すると、厳しい意見もありましたが

バッシングを目的としてるのではありません。

少なくとも、私のフォロワーさん達は愛の鞭を込めてらっしゃいます。

BLESSは各国では失敗と言うか・・・よくない結果を残していますが、

日本では楽しみに待っている人がたくさんいます。

そのプレッシャーは大変なものだと推測しますが、

プレイヤーと向き合う姿勢は感じられますので、どうかこれからも引き続き頑張ってほしいです。

かなりの散文駄文になってしまいまして失礼いたしました。

何か伝わるものがあれば、幸いです。

20日の生放送、期待しすぎないように楽しみにしています!

スポンサーリンク
アドセンス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アドセンス
スポンサーリンク